社長ブログ

こだわり桐たんすの社長ブログ 岸和田加守町の伐採された 桜の木に花が・・・・

2016年4月4日 | 社長ブログ | コメント:0

昨日は、私の思いでの桜を紹介させていただきましたが、今日は、いつもお墓に行くときにお参りする岸和田市加守町にある桜の木を少しご紹介させていただきます。

この冬に他にあった木を伐採するにあたり、桜の木もかなり伐採されて、春に桜が咲くか心配していましたが、2月ごろから新芽が出て来て、今年もこんな感じで咲く事ができました。

DSC08788

かわいそうなぐらい少しだけのお花でしょう。

DSC08789

でもちゃんとしっかり咲きました。

DSC08790

元は大きな樹齢80年以上の桜の木だったのですが、かなり枝を伐採されたのです。

DSC08791

でも木には、生命力が宿っていて、この様に精一杯頑張って花をつけています。

DSC08792

他の木が切られてしまったので、広い空間にぽつんと伐採された桜の木にすごく関心があったので、今回ご紹介させていただきました。

DSC08793

明日以降も引き続き、岸和田の2016年 桜の話題のブログを紹介させて頂こうとおもいます。ご覧いただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大