社長ブログ

こだわりの桐箪笥の社長ブログ 本当にいい洗い替えの桐箪笥に巡り会いました。

2015年6月28日 | 社長ブログ | コメント:0

堺市のY様からの桐箪笥の洗い 修理のご依頼がございまして、伺いましたが、本当にいい桐箪笥に巡り会いました。

伝統的な作り方を守られた本物の仕事の大変いい桐箪笥です。

いい洗い替えの桐箪笥

材料もこだわったいい物で作られた逸品です。この綺麗な桐材は値打ちがございます。
天 中 下の色の赤暗い部分は高級な紫檀の板が使われた高級な本物の桐箪笥です。

大阪泉州桐箪笥で作られた桐箪笥だと思います。何十年たってもやはり大阪泉州桐箪笥の桐たんすの作り方は本当にいいですね。

いい洗い替えの桐箪笥の材料

この様な桐箪笥に巡り合うと大変嬉しい気持ちになります。

お嫁にこられた時期にすごくいい箪笥をお作りになられたんですね、私どもの桐箪笥ではないですが、わたしどもと同じこだわりの伝統技法で作られたいい桐箪笥です。

丁番の付け方もこだわりの職人技である両欠き込み技法でつけられています。

いい洗い替えの桐箪笥の伝統の両彫り技法

桐箪笥本体と扉をノミで欠きこんで丁番がつけられているのがご覧いただけます。
この様な桐箪笥を購入される際は必ず見極めて欲しいポイントです。
この様な仕様は桐の職人でしか付けれない付け方なのです。

いい洗い替えの桐箪笥だけの伝統の両欠き込み技法

そして、開きの戸を開けたらお盆の下に20mmぐらいの棚があるのがお分かりいただけます。これが中棚と言います。(固定棚です。)
中棚は重要な役割をした桐たんすにはなくてはならない棚です。このような桐箪笥を購入の際は是非お選びください。中棚の入っていない桐箪笥は・・・・・・品質には注意が必要です。

また丸みの帯びたお盆のデザインと使用している桐材も本当にいい物です。
材料にもこだわっている桐箪笥でほんとうに素晴らしい作り方がされています。

いい桐箪笥だけのいいお盆と中棚

洗い修理に私どもをご用命いただき本当にありがたかったですね。
なぜならこの桐箪笥は私どもでなければ、本当に綺麗に洗いが出来ないからです。

他社では箪笥自体 ガタガタになる可能性もございます。

少し汚れてはおりますが、きちんと綺麗に直すことができます。

桐たんすのよごれ

この箪笥は、たまたま弊社にご相談いただいたのですが、なにかの目の見えないご縁があったんだなっと、思います。

本当に出来上がりをたのしみにしてください。

いい桐たんすの洗い替え前の写真

必ず ご期待に沿えるように綺麗にさせていただきます。
いい本物の桐箪笥を再生できる事が本当に有難く思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

標準 特大