社長ブログ

桐たんすの社長がご紹介します。春の訪れ 岸和田の包近(かねちか)の桃のお花

2014年4月5日 | 社長ブログ | コメント:0

今回も岸和田の綺麗な春の景色をご紹介させていただきます。

岸和田の包近というところは、桃の産地なのです。
包近と書いて、かねちかと読みます。

なかなか難しい読み方でしょう。

桜の花前に桃の花も綺麗に咲きます。沢山の桃の木にピンクのお花が咲き乱れています。

包近の桃畑

六月には、美味しい桃の実が育ちます。収穫しやすいように低く育てられています。

P1120733

包近の桃は、大阪府下では、最大の桃の収穫量を誇ります。

大阪泉州桐箪笥は、大阪府では岸和田の私どもが最も多くの作品をお作りしています。

包近の桃の木

桃の品種も様々で、「はなよめ」 「日川白鳳」 「清水白鳳」 「まさひめ」など甘くて小振りな桃が出来ます。

包近の桃の花

包近の桃の選果場では、約120トンの桃の出荷が行われます。

包近の桃の選果場

シーズンでは、ここ選果場で、桃の直売していただけます。沢山の人が、買いに来られます。

岸和田の包近の桃は、私ども大阪泉州桐箪笥 初音の家具と同様に、岸和田ブランドに認定されています。

岸和田の春の風物詩をお届けさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

標準 特大