社長ブログ

社長ブログ

  • 岸和田市内の小学校の先生が20人ほど、初音の家具のショールームに見学に来られました。
    先生と言うお忙しい日々の中でわざわざお越しいただきました。

    若い先生にこのような事をお伝え出来るのも嬉しい事です。

    今日は私が桐箪笥の先生になりました。(笑)

    ショールーム3階の桐箪笥フロアにて、
    ほんものの桐箪笥の見極め方や、
    桐材がもつ特性などをお話ししました。

    桐材の特性、なぜ桐箪笥が良いのか
    資料や展示してある桐箪笥を使って説明いたしました。

    火事や地震、水害にも強い桐たんす。
    昔から自然災害の多い日本で作られた桐箪笥はとても工夫がされています。
    その桐が持つ意味をご紹介させていただきました。

    私どものショールームで直接でしか聞けないお話をたくさんさせていただきました。

    桐や桐箪笥の特性の勉強をした後は、本物に見える偽物と
    良い桐箪笥・ほんものの桐箪笥を見極めていただく為の
    クイズをしました。
    社長の私自らがお作りしたクイズです。

    問題の写真を見て正しいものを選んでいただきます。全部で5問、
    全問正解した先生は果たしているのでしょうか・・楽しみです。

    先生方、写真をじっと見て違いを探し答え別に分かれてもらいます。

    ドキドキしながら回答を待っているのがわかりますね。
    どうしてこの答えを選んだのですか?と質問したりとみなさんで一緒に盛り上げました。

    正解は!!!!の声で
    あーーー(残念の声)や、やったー!という声が聞こえてきました。
    今回生徒さんになったみたいでした。

    なぜその答えが正解なのかもしっかり説明いたしました。

    先生方も必死で真剣に考えてくれていました。

    このクイズでみなさんも本物の桐箪笥を
    見極めれるようになります。

    一見は何が違うんだろう?というふうに思いますが、
    正解を聞くとなるほど。という風になります。

    桐箪笥を買われるお客様がしっかり理解していないと
    間違ったものを購入されて損をしてしまいます。
    業者にだまされます。

    そうならないように、このように見学や来客のみなさまには
    しっかり桐箪笥のほんものの見極め方をお伝えしています。

    岸和田の学校の先生にも岸和田にこのような伝統が残っている事を
    お伝えできたので本当に良かったです。

    このように先生だけではなく、たくさんの一般の方の見学なども受付ています。興味のある方は是非挑戦してください。

    このように人とのつながりで日本の伝統の桐タンスに少しでも興味や関心を持っていただいて、そしてその大切に気づいてくだされば、とても嬉しい事です。

    最後の一問となり、4問までの問題で全問正解の先生はお二人でした。
    なかなかですね~

    しかし最後の一問は、残念ながら二人とも不正解に終わってしまいました。先生方でも桐の見分け方がわかりません。
    こんな時代になってしまいました。悲しい事です

    だから本当に真面目にいい桐箪笥をお作りしている工房が浮かばれないのです。残念です。・・・・・

    果たして今の家具店さんの店員さんもわからないのでしょうね、中国桐で作られたまがいものの桐箪笥をいい桐箪笥と言って平気に販売しているのですから・・・・

    最後の問題は、すこし難しかったみたいですね。
    でもすごく楽しんで取り組んでいただきました。短い時間でしたが
    今回の事で、桐箪笥の事をすごく知っていただけたと思います。

    新しい桐たんすの納品のお写真や、洗い替え修理のたんすの事例集などもご覧いただきました。

    ショールームだけではなく、私どもの工房の見学も受付をしています。

    桐箪笥や桐の小物の展示もたくさんございます。
    写真もホームページにはたくさん載せていますが、
    本物の光沢は写真では伝わりません。

    ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

    ほんものの桐箪笥の見極め方や桐の良さをご説明をいたします。

    今回は残念ながら、全問正解の先生はいらっしゃらなかったです。

    それだけ、本物の桐たんすの事をご存知ないのが現状なのです。

    一般のお客様も同じだと思います。最後の二人の先生はとても残念がっておられました。

    このブログをご覧の皆さま、

    一度是非 この問題に挑戦してみてはいかかですか、

    丁寧にご説明させていただきます。

    今回は20名の先生に桐箪笥の事をお伝えさせていただけて本当によかったです。

    桐箪笥の特徴 機能性や桐の凄さに初めて認識されたと思います。
    この事を是非 次世代のこども達に先生から伝えて言ってくれる事を願います。でないと日本の伝統工芸品の桐箪笥は無くなります。

    今回の見学会で桐箪笥は着物をただ収納する為のものではなくて、桐箪笥自体がなぜ何千年とこの日本に続いてきたのかを勉強していただくいい機会になったと思います。

    日本人の先人の知恵が作りだした世界に誇れる収納家具が総桐の桐箪笥なのです。

    皆様も是非 その事を勉強しにショールームにお越し下さいね。
    (ご予約必要電話072-443-8835代表)

  • 近畿一円からこだわりのお客様に支えられて、
    本物の日本の桐たんすを続けさせていただいています。

    決して桐箪笥は高価なものではありません、手抜きをした中国の桐材で作られた桐箪笥の方が定価が高く設定されていて、値引きが物凄く適用されてお買い得に見せかけて販売されています。

    たくさんの消費者の方は本物の桐タンスを見極める事が出来ません、でも
    私どもの桐タンスをご覧いただいて、説明をさせていただければ
    本物の桐タンスを簡単に見極めれる知識が付きます。

    証紙や作家にだまされることがありません!

    粗悪な業者にだまされる事のない知識を持つ事が最も重要なのです。

    久しぶりに私どもの大阪泉州桐箪笥 初音のショールームも前の駐車場がいっぱいになりました。

    なんと3台とめれるスペースが満車です。

    そしてたまたまですが、こだわりのお客様はこだわりのお車でご来館いただきました。

    2台はミニローバーというお車でした。たまたま別々のお客様ですが、このようなお写真も撮れる事が珍しいのでご紹介させていただきました。

    お蔭様でショールームの前の駐車場がいっぱいになりました。

    ショールーム裏側にも駐車場がございます。すぐ裏側からご来館できます。
    裏側の駐車場は前側より広くて、お車が7台ほどは駐車できます。

    私どもは説明が出来る担当者が少ないので、たくさんのお客様が一度にお越しいただいても、対応ができません( ;∀;)
    できれば事前にご予約をお願いしています。

    実物の桐箪笥は昔ながらのものから小振りなものまで、
    たくさんご覧いただけますが、価格や品質について、せっかく遠方からお越しいただいても、
    本物の桐箪笥の説明を聞いていただかないととても残念です。

    本物の桐たんすを見極めれるポイントをご説明させていただきます。
    是非 桐のことなら、大阪 岸和田の田中家具製作所にお越しください。

    こだわりの桐たんすのお客様に支えられてなんとか本物の桐箪笥をお作りさせていただいています。本当にありがとうございます。

  • こだわり桐箪笥の社長ブログはお客様からパティシエのりんごスティックをいただきました。

    お客様が大好きなりんごスティックで、

    わざわざお取り寄せして食べておられるお菓子だそうです。

    リンゴの本場の青森から取り寄せてるのですね。

    中はこんな感じで、大きめのりんごスティックが12本入っていました。

    パッケージがまたかわいいです。

    早速いただきました、柔らかいパイ生地に包まれた食感のあるリンゴが美味しいです。

    甘さはありますが、リンゴの酸味も少しあって美味しいお菓子です。

    紅茶と一緒にいただくと甘さを少しおさえれてより一層美味しくいただきました。
    U様美味しいお菓子をいただきまして、ありがとうございました。
    御馳走様でした。

  • 先日こだわりのお客様に桐箪笥をお届けさせていただいたら、
    和室のお部屋にこんなふうに、三味線がかけられていました。

    大変珍しく思ったので、許可を得て撮らせていただきました。

    和室のなげしに上手くかけて作られています。
    知り合いの方が作ってくれたのだそうです。
    お部屋の畳の所に置くのではなくてこうする事でお部屋も有効にお使い出来ますね。

    いいアイデアですね。

    お客様は三味線といういいご趣味をされています。

    桐の箪笥にもこだわられていていい桐箪笥をお作りさせていただきました。

    このように日本の文化を大切にされているお客様と出会える事が本当に嬉しい事です。ほんまもんのこだわりの桐箪笥をお作りしてきたからでしょうね。

  • 嬉しい事ですが、私どもの初音の桐箪笥の洗い修理のご依頼がございました。

    神戸でお住まいの時高層マンションの10数階でお住まいになられていて、阪神淡路大震災に合われてそのまま使われていた桐箪笥です。

    私どもに里帰りです。

    手前味噌ですが、いい桐箪笥です。

    この当時でもいい柾目杢で、金具も最高級の上品な前飾り金具を採用しています。
    今では手に入らない金具になります。

    左の戸には阪神淡路大震災で倒れてた傷が入っていますが、私どもの技術で完全に美しく手直しができます。

    引出しの取手もすごくオシャレな金具を付けさせていただいています、この金具も今では手に入りません。すべて金具は金消しにメッキ直しさせていただきます。

    引出しの桐の杢目もすごく美しい上質な桐箪笥でしょう。

    桐箪笥には、品質の証として、大阪 中之島にあった ロイヤルホテルの初音のシールが貼られています。今はロイヤルホテルはリーガロイヤルホテルにホテルの名前が変わっています。

    ロイヤルホテルの地下街に初音と言う家具専門店がございました。
    私どもはその専門店の和家具の部門をお作りさせていただいていた工房です。

    このように初音の桐箪笥の洗い修理依頼は是非私どもにご依頼くださいませ、完璧に美しく手直しさせていただきます。

    この桐箪笥も数か月かけて新品同様に洗い 修理させていただきます。

  • 先日ご紹介した大阪泉州桐箪笥のショールームのお花がまた咲いてきました。

    お花のお世話も社長の私が担当してます。
    水をやりすぎても根ぐされするので難しいです。何度も枯らしてしまいましたが最近慣れてきました。

    先日紹介した、つぼみを付けたミニバラも次々咲いてきました。

    別の茎から白いつぼみも・・・膨らんできました。

    小さなお花なのに、しっかりバラのように・・・・花が咲くと嬉しいですね。

    180円で買った、カランコエも一度はすべてお花が散ってしまいましたが・・・捨てようと思いましたが葉が綺麗だったので・・・

    世話をしていたら、つぼみをつけてきて、元気に咲いてきました。

    一時は葉だけになり、お花がしぼんでもうダメかなと思っていましたが・・・

    下の茎からもつぼみがどんどん出てきました。

    本当に小さなお花なのに、

    10ミリくらいのお花ですが、次々と咲いてきてくれるとなんとも愛おしいものです。

    植物も生きているので大事にして世話してあげると答えてくれますね。

  • 先日 配達にお伺いしたお客様から、
    「社長は本当になんでもするのですね!」とおっしゃられました。

    そうなんです「わたしは、なんでもします。」桐箪笥の説明から、販売 配達 納品 そして写真を撮らせていただき、ホームページにアップします。

    そのすべてをほとんど自らやります。だから大忙しです。

     

    「桐たんすのほんとうの良さをお伝えするのが仕事です。」

    まだ経理もしますよ・・・・

    でも小企業の社長ってものはそんなもんです。

    社長が先頭に立たないと

    桐箪笥作りは1つのチームでしないと成り立ちません。チーム全体が一丸とならないといいものを残せません。

    これからも
    「社長は出来る事はなんでもします。」

  • 私のブログを良く読んでくださる方から、
    田中さんはそのまんまやね!

    と言われました。

    そうその通りです、いい言葉で大好きです、
    「ほんとに、そのまんま」

    ほめ言葉として受け取っていますが、ひょっとしたら
    「あほちゃうかな?」
    って事かな?

    でもなんでも自分が思った事や感じた事を
    「そのまんま」で載せるのが

    私の社長ブログです。問題のある記事も載せたいのですが、
    そこはあえて大人なので載せません。

    一応ちゃんと考えてはいます。(笑)

    これからも「そのまんま」思った事を載せます。

  • ロシアワールドカップのベルギー戦の後半の乾貴士選手(14番)の無回転ゴールは素晴らしかったでしょう。

    そのゴールに関して今日の毎日放送の「せやねん」と言う番組に、
    本人が生出演していました。

    その番組で、あの素晴らしい無回転シュートを意識して打ったのかを聞かれると、全く考えないで無意識に打って、たまたま無回転でゴールに入っただけだったそうです。

    「自分は本田さんのように無回転を意識して打てる技術は無く、本当にたまたまボールの中心を上手くとらえただけ」だったそうです。

    見ていた私たちは、カッコイイシュートを放ったと思っていたのですが、乾選手は全く無回転を意識したシュートではなかったのです。

    後半に入る前に1本はシュートを打ちたいと思ってて、上手く香川選手(セレッソ大阪の元同僚)のアシストがあって、よし「打とう」と思ってシュートしたのだそうです。

    やはり直接お話しを聞けてよかったですが、その番組の他の出演者のタレントさんがしゃべりすぎてもっと、乾選手のワールドカップの話をもっとききたかったです。

    乾選手はこれからスペイン1部リーグのベティスに入団されますが、今後も活躍される事を期待いたします。

  • FIFAロシア ワールドカップ 決勝トーナメント日本対ベルギー戦 2-3
    日本初のワールドカップベスト8の夢を抱かせていただいた試合でした。

    後半開始まで0-0で折り返し、後半直後に日本が原口と乾の素晴らしいゴールが決まり2点先制! これは勝かも知れないと夢を抱いた瞬間、フェルトンゲンの不思議なヘディングシュートを入れられ、選手交代した長身のフェライニにヘディングシュートを見事に決められ、2-2の同点にアデイショナルタイムにベルギーののカウンター攻撃をくらい、3-2で負けてしまいました。

    深夜3時からのキックオフでライブで応援してましたが、すごい試合でした。
    日本のサッカーファンの想いが伝わるような戦いでしたが・・・・

    勝てなかったのは本当に悔しくて残念でしたが、世界ランク3位のベルギーに堂々と挑んだ日本代表の戦いは記憶に残りました。

    このロシア ワールドカップは色んな事がありましたね。
    南アフリカのワールドカップに続くすごく心に残る大会でした。

    日本時間の7月3日の火曜日の朝には、日本チームのロシア ワールドカップは終わってしまいましたが、また4年後のカタール大会にアジア予選を勝ち抜き出場して欲しいです。

    日本とベルギーの試合が終わってから、このワールドカップの日本の戦いを記憶にとどめるため、に・・・・・

    これを買いに行きました。そうなんです。私の大好きなアディダスがスポンサーの・・・・

    2018年 ロシア ワールドカップの日本代表 ユニフォームです。
    普通の日本ナショナルチームのユニフォームではなく、私がぜひとも欲しかったのは、この4番のマークが付いたユニフォームなのです。

    ご存知ですか、日本代表の4番と言えば・・・・・

    大阪出身で、私と誕生日も同じで、昔から応援しています。

    MF(ミッドフィルダー)の本田圭佑です。
    今回なんとか手に入れる事ができました。2010年から応援しています。

    ついでに日本代表のリストバンドも購入いたしました。
    この2018年のロシア ワールドカップの大切な記念にします。(でもホリディ スポーツクラブで着用しますよ)

    以前購入した、本田圭佑のタオルもあります。

    JFA 2009 と印刷されています(笑) でも2000の南アフリカは、本田圭佑は19番なので、ブラジル大会の時のタオルです。

    2010年の南アフリカワールド カップの決勝トーナメントに進出したウェアも記念に持っています。

    決勝トーナメントのパラグアイ戦0-0からの延長戦を終えて PK対決になり、三人目の駒野友一がクロスバーにあてて負けた試合も忘れられない試合でした。

    その時は友人と3人で深夜の飲み屋のテレビで観戦した事を思い出します。

    南アフリカ ブラジル ロシア ワールドカップ3大会連続出場の
    本田や長谷部 長友 キーパー川島など
    ロシア ワールドカップは おっさんサムライブルー
    と呼べれたメンバーが本当に活躍してくれました。
    本当に夢を見させていただき感動をありがとうございました。

    日々の普通の暮らしの中でワールドカップのようなイベントが4年に一度ある事は本当に嬉しい事です。

    今朝 ブラジル対ベルギーの試合がありました。1-2でベルギーが勝ちましたが、これも凄い試合でした。ブラジルには不運なの攻撃力やベルギーの守備を含めたカウンター攻撃を見せていただいて感動しました。7月11日の午前3時からのフランス対ベルギーの準決勝は目が離せません、今から楽しみです。

     

     

     

  • 先日からこだわりの桐箪笥の社長ブログ 先日からブログでご紹介させていただいている松山の最高級桐箪笥の仕上げのご紹介です。

    時間をかけて木地が完璧に仕上がりました、いよいよこれから仕上げの工程です。

    仕上げとは、塗装を行う工程の事を言います。
    桐箪笥の仕上げはとのこ仕上げという独特の塗装を施します。

    この塗装は桐の箪笥が何十年先も再塗装できるように昔の日本人が考えついた塗装なのです。日本独自の塗装技術です。

    この仕上げもすごい技術が要ります。仕上げの良し悪しで桐箪笥の出来栄えが変わります。

    どれだけいい木地の桐たんすも仕上げが悪くて桐たんすが良くみえません。

    この技術に関しては、私どもの企業秘密です。約100年かけて積み上げてきた技を受け継いできた職人がいます。決して他の工房には真似の出来ない工程があります。
    あの素晴らしい蒔絵も一旦はこのようになります。

    そして独自の工程を繰り返し、手間暇かけてゆっくりと時間をかけて甦らします。この技術を継承する職人がいるのが、私どもの工房なのです。

    素晴らしい「桐の松山」の桐箪笥の洗い替え修理が出来上がりました。
    今回も新品同様に洗い修理をする事ができました。
    これも私どもの職人の桐箪笥に対する愛情の成果です。

    その全貌はお客様にお届けさせていただく、
    桐たんすの洗いの納品事例でご紹介させていただきます。

    私どもの桐箪笥の洗い修理は絶対に他店では真似が出来ない本物の洗い修理です。

    本当にきちんと思い出の桐たんすの手直しを希望されるお客様は是非ご相談ください。丁寧にお話しさせていただきます。
    072-443-8835

  • 社長本当にいい桐箪笥がみたくて・・・・欲しくて・・・
    安く買えないのですか?

     

    とよくご質問やメールやラインをいただきます。
    いい桐箪笥を安く買えるには、・・・・・

     

    そりぁ、社長に直接交渉させる事でしょうね(笑)

標準 特大