社長ブログ

社長ブログ

  • 私どものホームページの、桐箪笥の洗い 修理の事例をご覧になられた 同業者から連絡がありました。

    その内容ちは、どうしてそんなに綺麗に手直しができるのですか?そのやり方についてのご相談をされました・・・・

    そこは、気持ちを大きく持ち説明をさせていただきましたが、本当に大切な事は企業秘密ですね。
    多分 職人と工員との技術の差が大きいですが、手直しする人の気持ちや考え方の差でしょうね、洗い 修理を適当に行う工房は沢山ございます。一通り仕事を覚えればそう難しい事ではありません、でも こだわればこだわる程出来栄えに大きな差がでます。

    松山洗い

    桐たんすの洗いの仕事をホームページでご紹介されている会社は沢山ございます。
    直接自分ところで手直しせずに、下請けに出す会社も沢山ございます。
    でも私どもの様に桐たんすの洗い 修理の納品 事例を 拡大写真や比較写真 または動画で見やすく紹介している工房はあまりないとおもいます。

    松山洗い

    私どもは一般のお客様に工房によってこれほど 桐タンスの 洗い 修理に出来栄えの差がある事を丁寧にお伝えさせていただいています。

    費用ももちろん他社の洗い 修理にくらべれば少し高い?かもしれませんが、それだけの費用はかかります。
    でも ご依頼していただいて、納得がいくお仕事をさせていただいていると思います。「うちで直せなきゃどこも直せないでしょ!」
    こんな工房も絶対日本になきゃ!と思ってやっています。

    これが 大阪泉州桐箪笥 株式会社 田中家具製作所 初音の桐箪笥の洗いなのです。

    古く汚く汚れて傷んでいる 桐タンスの洗い 修理も、すごく手間暇や時間をかけておこなうのが私どもの仕事の流儀なのです。

    ですから、昔の古い 思い出のの桐箪笥をちゃんと直して欲しいと言われる お客様からご相談ご依頼をいただきます。あまり綺麗に手直しすると新しい桐箪笥が売れなくなり困りますね。

    松山洗い

    松山洗い

    でも 同業者さんが良く私どものホームページをご覧になられているのも・・・・
    できるだけきちんと直してあげて欲しいと願っています。

  • 先日 お客様から洗いのご依頼をいただきました桐たんすは、
    すごくいい桐の間箪笥(けんだんす)でした。

    すごくいい桐の間箪笥(けんだんす)

    それほど痛みもなくて、いい職人さんでお作りされた本当にいい品物です。
    桐の箪笥の仕事をしていますと、色んな工房で作られた桐たんすと出会えます。心からいい品物とそうでない品物との差をすごく感じます。

    様々な工房でそれぞれ違うやり方で作られているので、ふと 作り方や使用している材料に疑問を感じる桐タンスが多くございます。

    消費者(お客様)がもっとちゃんと情報や知識を勉強されないと業者の思う壷です。

    この桐の間箪笥は全体的に汚れてはいますが、すごくいい仕事といい材料で作られた逸品です。丁寧に洗ってあげて新品同様に仕上げます。

    桐のたんすはこれができるのが特徴です!

    今回 私どもにご依頼されて良かったと思いますよ、他の同業者ではこのようないい桐箪笥が洗いをかける事でかえって傷むことがございます。

    これからは、この様な本物の桐たんすは手に入らないし、お作り出来る職人がいなくなってきますね。(私どもはまだ大丈夫ですが)

    将来に向けて良い物を残していきたいです。

  • 本日より岸和田だんじり祭りがはじまりました。その模様は少し後からのブログになります。この数日間は社長ブログの更新は出来ませんが、精一杯やらせていただきます。お天気が心配ですが、晴れ男の本領発揮させていただきます。
    暑い天気より、曇りがちの涼しい天気の方が曳手の勢いが出ます。ここまで来たらやるだけです。

  • いよいよ明日から岸和田だんじり祭りがはじまります。
    台風18号がきになりますが、
    明日朝6時から曳き出しが始まり各町一斉に駆け足で曳行いたします。

    この2日間の祭礼にむけて、1年間 取り組んできました。
    29年は春木旭町曳行責任者として、今までにない祭礼を経験する事になります。
    旭町の曳き手を信じて勢いのあるやり回しに挑みます。

    是非 春木だんじり祭りを見に来てくださいね。(南海本線 春木駅下車 すぐご覧いただけます。)

  • 今年の春木地区12町のだんじりに初めてGPSを積みます。
    スマホで、だんじりいまどこGPSと検索して無料のアプリをとってください。
    試験引き 宵宮 本宮で曳行時間中の 春木地区 全てのだんじりの位置がわかります。

    春木地区は明日から初めての導入となりますが、どういう風に表示されるのか興味があるところです。

    導入のきっかけは、今 自分ところのだんじりがどこにいるか 見物の方がどのタイミングでだんじりが来るのかを知りたい方が多くなってきたのが導入の理由らしいです。

    是非 明日の試験引きから だんじりいまどこGPS の無料アプリを利用して春木旭町のだんじりをさがしてください。

  • 先週の天気予報では、だんじり祭りの16日 17日の天気はおおむね晴れの予報が、昨日からお天気が悪くなる予報に替わっているではないですか・・・・

    それも台風18号が曲がってくるって、今日の「とくダネ」の放送では、ブーメラン台風とか言ってましたが、・・・・・・台風18号の今後の進路きになります。

    うちの育成会会長が名づけた名前は、「やりまわし台風!」
    90度やり回ししてるやん!

    なんで16日から曲がってくるの?気象庁の予報外れて欲しいです。
    もっともっと曲がって太平洋側に戻ってこい!偏西風よ思いっきり吹いてや!

    台風18号 進路予想

    ややこしい台風ですね、そのまままっすぐに中国大陸にいってればいいのに!
    超晴れ男の私にまたも試練が・・・・

    だんじりは、晴れと雨の天気で大きく曳行が違ってきます。
    せっかく今まで、駒を極限に乾かしてきたのに・・・・・

    こうなりゃ 私の「晴れ男の本領発揮です。」今まで持ってる神通力がどこまで通用するか、天気と勝負します!
    台風18号!絶対に大阪泉州岸和田に影響ないように!

  • いよいよもうすぐ だんじり祭りがはじまります。
    毎晩 祭り本番までだんじり小屋では、前梃子係りは前梃子の練習を、
    大工方は屋根で踊りの練習をしています。
    昔よく大屋根にあがったりしましたが、その高さには、足がすくみます、大工方は颯爽と屋根で舞 だんじりでは花形でかっこいい部署ですが危険も伴います。

    曳行責任者として、ブレーキのかけかたにも気を使います。

    各部署それぞれ自分自身で切磋琢磨して技術を身に着けます。

    後梃子もイメージトレーニングです。後梃子がだんじりを回してくれないといいやり回しが完成しません。

    今年 新調したのぼり旗が美しいです。本番までもう後少しです。

    この風景を見れるのも、後 少しですね。

  • 先日 洗い替えの納品に徳島まで伺いました。大阪のお母様から徳島の娘さんに自分の桐箪笥を綺麗に手直しして譲りたいとのご依頼でした。

    阪神高速湾岸線の泉大津から対岸の淡路島が良くみえました。これからそこへ向かいます。あの島を横断して四国 徳島に行きます。

    明石海峡大橋手前のトンネルを通過しますと

    明石海峡大橋です。

    この日は天気も良く

    眼下の海峡も美しく、仕事ですが自然を感じますとすこしほっとした気分になりますね。

    最近 旅行に行く時間もなくひたすら 桐たんすとだんじりに時間を費やしているので気分転換になりますね。淡路縦貫道は、覆面パトカーだらけでした。皆さんスピードの出し過ぎにはご注意を!

    鳴門大橋も綺麗です。

    いよいよ 徳島県に入りました。

    有名な鳴門の渦潮です。トラックなので、片道約2時間40分ほどかかりますね。

    綺麗な渦潮の写真は撮れませんでした。

    仕事できたので、納品後すぐに大阪に戻りました。
    ドライブインでの徳島ラーメン定食が唯一の思い出です。
    徳島ラーメンって豚骨醤油のスープに甘い味のついた豚ばら肉ともやしが入ってて、そこに生卵を入れて食べるのです。昔からあったのか?ラーメンブームに乗って確立されたのか? 濃い味なので、食べたあとすごくのどが渇きましたね。

    お仕事の依頼をいただきますと、あまりにも遠方以外は私どもで丁寧にお届けさせていただきます。

  • だんじり祭りにかかる費用についてはすべて、ご寄付にてまかなっています。祭礼関係者や町民やお店や会社からのご寄付でなりたっています。

    9月1日より花寄せ(寄付)を会館で行っていますが、先日 私が通わせていただいているスポーツクラブの11名の会員さんからまとめてお花(寄付)をいただきました。

    のしの名前は、遊ぶ 楽しむ ホリディズ 様からです。

    本当に嬉しく有難い事でした。
    普段一緒にスタジオ入らせていただいて楽しく一緒にプログラムさせていただいていますがこのような事をしていただけるなんて、いつもこの年ではしゃぎすぎて迷惑をおかけしているのに・・・・

    何度かこの社長ブログでもご紹介させていただいている。ホリディ泉大津店の会員さんが 今年 私が旭町の曳行責任者なので、みなさんが協力してくれてご寄付していただいたのです。(同級生のY君も旭とホリディで頑張ってくれています。)

    そして、さらに ビールも1ケースいただきました。

    本当に有難いですね。

    この様に応援していただいて、このお気持ちを無駄にせずにより一層 力にかえて、絶対に「かっこええ 祭りをさせていただきます。」

    いつも17日の夜見にきてくれます。このビールを9月の17日にみなさんで美味しく飲める祭りができるように、旭町全員で2017年の岸和田だんじり祭りの曳行に挑みます。本当にありがとうございます。

  • 彼の名前が一躍有名になった洛南高校3年生の時に出した100メートル走の予選で、出した10秒01が大きく新聞やニュースに報道された時から、私は「なんといいお名前なんだなぁ」と思っていました。

    桐に生まれる 桐から生まれる そして祥(しょう)は、めでたい事や吉事の前兆 縁起がいい 幸運をあらわします。そして秀(ひで)は、字のとおり 他より抜きんでる、ひときわすぐれている。訓読みでもひいでると読みますね。

    その名前を見た時に、なんといい名前だなとすごく印象に残りました。

    それからひそかに、応援させていただいていました。(社長ブログには書きませんでしたが)桐が大好きな桐たんすの社長で、
    出身は滋賀県彦根とか、私も彦の名前で彦つながり?(まったく関係ないか、むりくりか!)ですが・・・・

    それから4年 100メートル走があるたびになんとか結果(日本人初の9秒台)を出して欲しいと願っていました。

    でも最近の結果があまりよくなくて、頑張ってほしいなぁと思っていたら、
    なんと9日のニュースで、「陸上日本学生対校選手権」(10日・福井県営陸上競技場)の男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98をマークし、19年ぶりに日本記録を更新した桐生祥秀(21)=東洋大 と見た瞬間!

    「すごいなぁ」と感動しちゃいました、0,3のタイムを縮めるのに4年かかり、
    目標に向かって日々努力をする姿は敬服しますね、それも沢山のライバルがいたお蔭かも、・・・日本人が9秒台で走れるなんて・・・・

    本当におめでとうございます。日本の陸上界の歴史に名前を刻んでくれましたね。
    これからが今以上に大変だとおもいます。マスコミに追いかけられますし
    今後の戦いにも影響されると思いますが、自分の運気と実力を信じて頑張ってください。心から応援しています。

    最近 北朝鮮問題等 暗いニュースしかないなか、本当に元気をもらう明るい出来事でした。

    春木旭町のだんじりのやり回しのスピードを更新できるように桐生様にあやかりたいですね。

  • だんじり祭りまでもう少し来週の今ごろ終わってしまいます。
    今日 日曜日の旭町だんじり小屋です。

    青年団の鳴り物が最後の日曜日の昼の鳴り物練習をしています。

    大太鼓 小太鼓 鐘 笛 それぞれ練習を重ねています。だいたい6月初めごろから練習を初めます。

    今年 美しく新調したふきじ(屋根)の出会いの杢目です。
    これは旭町の新しい特徴で、中央の屋根の左右からまん中に杢目が向いあっているのが、出会いの目と言います。
    新調した金綱も美しいですね。

    なかなか 杢目を木どるのが難しい作業になります。この屋根を傷つけないように曳行させるのが私の責任です。

    そして 何より曳き手や観客の安全をいつも頭に置いて曳行します。

    鳴り物は、太鼓も叩き込む事でいい音が出ます。各町ごと太鼓の音が違います。
    マニアの方はだんじりの太鼓の音だけで どの町か判断出来るのです。

    9月 16日 17日 旭町のこのだんじりが春木の町を疾走します。
    もう少しですが、はじまればすぐに終わってしまいます。
    この2日間に各町の曳行責任者は1年をかけて準備をし、本番に挑むのです。

  • 桐たんすの洗いと言う言葉すら今の方はご存知ありません。
    お仏壇を修理する事もお仏壇を洗いに出すといいますが、それと同じ意味で、桐箪笥を修理する事なのです。

    でも 本当に古い桐箪笥を洗い修理と言う言葉で、検索をかける事すら分からなくなってきているのです。

    スマートフォンの普及により、SNSがこれほど世の中を変えていくなか、是非 桐箪笥の洗い という言葉がある事を発進して欲しいと願っています。

    絶対簡単に家にある古い汚れた桐箪笥を捨てないでください捨てる前に私どもにご相談いただき出来れば再生させてあげてください、お願いいたします。

標準 特大