社長ブログ

社長ブログ

  • いよいよあと二日で、入魂式 お披露目曳行をむかえます。
    桐箪笥の社長ブログは今は旭町の入魂式お披露目曳行に関する記事になっていて申し訳ございません。通常のブログに戻るまでもう少しお待ちくださいね。

    これが、21日の入魂式に着る曳行会で新調していただいた 春木曳行責任者の着流しです。

    春木の曳行責任者の着流し

    春木の曳行責任者12名だけしか着る事が出来できません。

    正面に春木の文字がご覧いただけます。正面はいつもだんじりに乗っているのでよくわかりますが、

    春木の曳行責任者の着流しの背中側

    後側は、あまりご覧になる機会がすくないと思います、後は大きなだんじりの鳥衾(とりふすま)鬼板(おにいた)のデザインになっています。紋は弥栄神社のご紋の木瓜(もっこう)が染められています。
    1月にそれぞれの各町の曳行責任者様の体を採寸して、約3ヶ月かけてそれぞれ作らせていただきました。

    春木旭町の21日入魂式お披露目曳行の時に初めてこれを着て しっかりとした曳行をするよう
    全身全霊で取り組みます。

    明日以降 設営や本番となり、パソコンでのブログの更新は多分出来ないと思いますがこの2日間、悔いのない修理入魂、お披露目曳行ができるように全力をつくします。!

    是非 お時間の許す方は、朝早いのですが、朝の6時から8時の間に春木地区にお越しください。是非
    13年ぶりの春木旭町の修理入魂式お披露目曳行を見にきてください。
    最寄り駅は、南海本線 春木駅 下車すぐです。曳き手への
    温かいご声援どうぞ宜しくお願い申しあげます。

  • 21日の修理入魂式 お披露目曳行 式典 旭フェスティバルにむけての設営が土曜日の朝から始めます。まず 当日に使う大量の氷の手配です。設営場所の北中学校グランドは、テントを張ります。曳行する春木地区の春木駅の歩道の柵すべて、ラパーク前の歩道の柵やうさぎや ハッピー前の柵をすべて 夕方に外します。弥栄神社前には、安全のため土嚢を積みます。

    春木の曳行コースにはゴミ箱を設置します。立ち入り禁止場所の設営や式典のテント
    椅子 テーブルの設営 またその後に行われる 旭フェスティバルの準備など
    13年ぶりに参加する旭町祭礼関係者全員で取り組みます。

    お天気に恵まれた2日間になりそうです。あと2日か全力で取り組んでいきます。

  • 今年の29年春木曳行責任者の襷と団扇等が出来上がりました。
    曳行会で話をさせていただいて、執行部で一任して考えさせていただいた、襷と団扇等が21日の春木旭町の入魂式 お披露目曳行 その後の式典に間に合うように出来上がりました。

    その日の北中学校での式典は、春木地区の全町の曳行責任者が正装で出席してくれます。

    今年の曳行責任者のたすきを入魂式に先がけてご紹介させていただきます。

    29年春木曳行責任者の襷

    これが春木の今年の曳行責任者のたすきです。

    少し思ってたよりも明るい色で仕上がりました。

    今年から町名は、曳行責任者の下にしています。昨年までは、春木の下に町名 その後に曳行責任者の役名だったのですが、かけた時に役名が下がりすぎているので、今年は、町名を下にしました。

    なかなか考えたでしょう。

    今年は裏側にこだわりました。今年から裏側は、春木のマークをなくし
    各町の自町のマークにしました。

    そして、下には、曳行会の年度と役職と名前を刺繍させていただいています。

    この意味は、曳行責任者が今年終わったらこの裏側を曳行責任者をした記念のたすきとして、部屋に飾ってもらう事が出来るように執行部で考えました。

    また夜の曳行時などは、裏を表にも替える事が可能です。

    団扇も紺色からしぶ団扇に変更しました。今年の曳行責任者は燃える赤色です。

    昨年はこんな感じで、法被も同系で合ってましたが、
    今年はたすきとうちわは大幅に変更させていただきました。

    また今年の曳行責任者が持つポシェットも、デザインは昨年と同デザインですが、

    今年から刺繍に変更しました。昨年まではデザインされたワッペンを貼っていましたが、何年か使用すると剥がれてくるので、今年は費用は高くつきましたが、
    この様に刺繍に変更させていただきました。

    これなら剥がれることなく、長く使用できます。

    裏の文字や名前も刺繍です。

    今年の曳行責任者会の執行部が色々と考えて作らせていただきました。
    曳行責任者の浴衣もそれぞれ出来上がり、21日の入魂式 お披露目曳行を待つのみです。

  • 13日 修理入魂式 お披露目曳行に使用する、新駒をだんじりに準備しています。

    ほとんどのブログをご覧の皆さんはご存知ないでしょうが、その天気に応じて履く駒が違ってくるのです。

    春木旭町は、前駒は、前梃子が管理しています。駒の管理は各町によってどこの団体や部署が管理するかは異なります。

    入魂に向けて最善の状態で駒を管理します。私もその部署の時は駒の状態には神経を使ったものです。

    だんじりの前部をジャッキアップして作業を行います。

    だんじりはたった1日、2時間 曳くために昨年より新駒の買い付けから管理に至るまで、祭礼関係者が時間と準備をかけてその日をいい状態で迎えることが出来るように最善の準備をします。

    今年 足回りもすべて新調しました、駒に付けるドビと言う部品が下の写真ですが、
    角ドビから丸ドビに一新しました。

    ころがり抵抗を安定させてより理想的な曳行が出来るように、考えられたドビです。
    車で言う足回りのホィールによっても運動性能が変わってくるのと考え方は同じです。この足回りの良し悪しがだんじりの曳行にすごく関わってきます。

    この春木旭町の足回りは、村上鉄工所の村上善一社長(写真上)がすべて担当してくれています。

    彼は他町のだんじりの足回りからだんじり金物に至るまで、日々勉強しながら新しい技術を取入れてくれます。

    いかにいい状態で駒の性能を引き出せるかを考えて作業してくれます。

    ブレーキの踏みしろや調整も重要な作業です。この作業を最終確認しないとなりません。効くか効かないか、片効きしないかを確かめなければなりません・・・・・

    いかに安全に入魂式 お披露目曳行を春木旭町として成功さすかを常に考えて行動をしていますが、私は昨日 岸和田警察署に呼び出しを受けました。担当者の言われる事も十分に分かりますしご迷惑をかけた事も分かりますが、私の中で今まで従来の曳行に関する準備の慣習の中で、これほど制約を受ける今現在の考え方の相違を埋めることができません。

    これが春木旭町の足回りの最新のマシーンですが、旭町の機密事項のためご説明できません。今年は心金をを初めとして、すべて足回りを新調いたしました。

    どのような動き方をするのかが・・・・
    ジャッキアップしただんじりの踏み板から見る景色はこんな感じです。
    踏み板に乗る責任を感じつつかれらの作業を見ていました。

    前梃子係りや十五人組が当日の天気を考えて駒を選択して本番に挑みます。
    彼らもまた春木旭町を支えてくれています。皆の協力があってこそ
    祭りが出来るのです、この人との繋がりやそれぞれの思いが祭りの良さでもあります。

  • 昨年より29年度の曳行責任者として、13年ぶりに挑戦する入魂式に関して、
    もし雨が降ったらどうするんですか?とか聞かれるたびに、
    晴れ男を公言している私としては、99.9%雨は降らん・・と言い続けてきました。

    もし雨が降る事があれば、俺は一生雨男と呼んでくれていいと言ってました。
    でも先週、これほど週間予報が気になった事もないですね。
    何事も弱気は大敵で、強い信念と思いがあれば絶対に思いが叶うと信じてるので、
    もし雨の予報でも、晴れさす。と思い願い続けていました。

    それが週間天気で、20日 21日の晴れの予想が出て本当によかったです。
    晴れ男健在でした。

    岸和田市の天気 – Yahoo!天気・災害

    週間天気 – 大阪(大阪)

    2017年5月14日 17時00分発表

    日付
    5月17日
    (水)
    5月18日
    (木)
    5月19日
    (金)
    5月20日
    ()
    5月21日
    ()
    5月22日
    (月)
    天気 曇時々晴
    曇時々晴
    晴時々曇
    晴時々曇
    晴時々曇
    晴時々曇
    曇時々晴
    曇時々晴
    曇時々晴
    曇時々晴

    気温(℃) 24
    16
    26
    15
    28
    16
    28
    18
    28
    19

    降水
    確率(%)
    30 20 20 30 30

    前日の準備から当日も曇り時々晴れ!これで万全の体制で臨めます。
    あと5日間、さらに気を引き締めて青年団 育成会 前梃子 大工方 後梃子
    最後の調整と練習に取り組ん欲しい!
    13年ぶりに入魂式を担っている旭町のみなさん、今やらせてもらう事を
    誇りにおもい!天気も味方につけて、いい入魂お披露目曳行をやりましょう。

  • 5月21日の春木旭町の入魂式お披露目曳行にむけて、新調した青年団の曳き綱です。

    真っ白な新しい引き綱が旭町第一会館の1階に静かに置かれています。
    綱長はじめ綱元のメンバーが気合いを入れて準備した新しい引き綱です。

    この時期にしか見れない光景です。

    うちの青年団もこの曳き綱にすべてをかけて入魂式お披露目曳行に向かいます。
    彼らの思いも十分に受け止める曳行をやらなければなりません。

    静けさの中でまた新たな思いがこみ上げてきました。

  • 入魂式お披露目曳行にむけて新しくなった世話人会の襷と団扇(うちわ)を世話人会の会議で配らせていただきました。

    夜の会議に向けて執行部の担当者が名前や不備がないかを確認しています。

    春木旭町の世話人会の新しい襷と団扇

    今年は昨年までの白の団扇から、真田丸(28年の大河ドラマ)に近い
    しぶ団扇色に全面変更して、入魂式お披露目曳行に挑みます。

    春木旭町の世話人会の新しい襷と団扇 段取り

    世話人会のこだわりは、しぶ団扇の文字をあえて黒一色にしました。
    若頭は文字を白抜きで囲っていますが、世話人会はこれの方がかっこいいと考えて作らせていただきました。

    新しい春木旭町の世話人会の新しい襷と団扇

    世話人会70名弱のすべての襷と団扇を役職と合わせて準備していきます。
    発注から主に担当してくれたT君ありがとう   K君M君M君ご苦労様です。

    29年度春木旭町の世話人会の新しい襷と団扇

    曳行責任者に曳行に関して専念して欲しいと副責任者初め気を使ってくれてありがとうございます。

    このような役員にささえられて、本当に感謝します。
    段取り事は本当に大変な仕事です、上手くいって当たり前不備が出ると気を使うボランティアな仕事です。

    私も会計や書記の時やってきましたが、いつも同級生にK君と言う来年旭町の曳行責任者予定者が子どもの頃からいてくれて、青年団 15人組 若頭と
    彼が一生懸命にバックアップしてくれます。

    今年 曳行責任者を無事終えたら必ず来年は私がバックアップさせていただきます。
    (私がバックアップしない方がいいかもしれませんね、K君に聞いときます。)

    その日の晩 世話人会の入魂式お披露目曳行に向けての最後の会議で、わたしの思いと旭町の取り組み方や各担当時間などすべてお話しさせていただきました。

    あとは、世話人会として、20日土曜日の準備からはじまります。とってもハードな2日間になりますが、みなさん宜しくお願い申しあげます。

  • 5月の21日の春木旭町の入魂式 お披露目曳行に際して、曳行するコースの電柱に当日の駐車禁止のお願いの張り紙を皆で手分けして貼らせていただきました。

    曳行を行うコースすべてにこの様な内容のお願いの張り紙をさせていただいています。

    春木 各旭町曳行コースの駐車禁止のお願いの張り紙

    当日 曳行が終わってから速やかに剥がせていただきます。当日の曳行終了した後は曳行コースの清掃とバリケードや柵の復旧など、終わってからやらなければならない事がたくさんございます。私は曳行責任者として、だんじりについていますが、その他の世話人会の先輩の方や若頭が協力してくれて色々な仕事を分担してくれます。本当に有難い事です。

    春木 弥栄神社前の駐車禁止 張り紙

    駐禁の張り紙が終わってから、各 ポジションの警備担当の方たちと一緒に当日の警備体制について現地での最終確認をおこないました。
    ギャラリー(観客)の立ち入り禁止箇所やどういうふうに自主警備を行うのかを
    確認作業を行いました。

    春木ラパーク前の警備確認 1

    今回の春木旭町の入魂式 お披露目曳行については、万全の体制でしっかりした曳き手や観客の安全を確保させていただいて、曳行させていただきます。そのために世話人会の曳行経験者の先輩の皆さんも含めたくさんの方が協力してくれています。
    本当に有難い事です。

    春木ラパーク前の警備確認

    皆さんの協力があってこそです。私も13年前の旭町の入魂式 お披露目曳行の当日は、春木若協の執行部としてラパークで警備していたことを今でも忘れません。

    13年後の今年29年5月21日の入魂式 お披露目曳行では、
    春木旭町の曳行責任者としてたんじりの踏み板の真ん中に立ちブレーキを踏む責任の重さを感じています。

    旭町の各団体 各部署の曳き手を信じて 私どもらしい入魂式 お披露目曳行を行います。
    そのために私の今日までの祭り人生かけて全身全霊で取り組んでいます。
    当日 是非 ご覧いただいて旭町の曳き手に温かいご声援いただければ幸せです。

  • 21日に行う 春木旭町の入魂式 お披露目曳行 式典について、修理費用やのぼり旗や切先旗の新調や足回りの新調など、沢山の費用がかかります。

    それで少しでもその費用を賄うために、お花(寄付)の受付をさせていただいています。もちろん曳行責任者はそれなりに先頭をきってやりますが、
    祭礼関係者もそれぞれ立場に応じて協力し合います。

    そのご寄付のお返しの品がこちらのタオルです。限定枚数でお作りした品です。

    春木旭町の地車修復記念のお花(ご寄付)のお返しの品

    横1100ミリ 縦400ミリ の大き目のスポーツタオルです。

    春木旭町の地車修復記念のお花(ご寄付)のお返しの品のロゴ

    今年の春木旭は、曳き手がすべて しぶ団扇の色なので、記念タオルの旭のロゴもエンジ色で作られています。

    春木旭町の地車修復記念のお花(ご寄付)のお返しの文字

    左には縦で、春木旭町地車修復記念 平成弐拾九年五月吉日とかかれています。
    美しいクリーム色の柔らかい質のスポーツタオルです。

    春木旭町の地車修復記念のお花(ご寄付)のお返しのタオル

    ご寄付いただいた方だけがもらえる、特別レアな記念タオルです。
    この記念タオルが欲しい方または、少しでも運営費用を助けてあげようとの思いがある方は、知り合いの旭町だんじり関係者にご寄付いただくか、直接 旭町会館に13日 14日 20日の朝10時から16時の間 ご寄付の受付をさせていただいていますのでどうぞよろしくお願い申しあげます。

    春木旭町の新しい大屋根

  • ちょっと話題も変わりますが、私どものショールームの向かいにサイゼリアがございます。サイゼリアはリーズナブルな価格のイタリア料理のチェーン店で全国にありますね、そのサイゼリアでよく¥500円ランチの昼食を取ります。

    いまどき¥500円で税込 スープ飲み放題 すごく美味しい事はないですが、価格の割には、満足出来る内容です。

    今日もランチを食べに行ったところ、面白い光景に出会いました。

    サイゼリアの看板の蛍光灯を交換している作業を見る事ができました。

    車の回りにも警備員がいて、安全に気を配っていました。

    こんな作業に出会う事もないので、すぐ撮影させていただきました。

    社長ブログや納品事例等のおかげで、カメラを持ち歩いているので、このぐらいズームして撮影する事ができます。スマホではこれだけズームが鮮明な写真を撮る事ができませんね。

    看板も落下を防止するように看板の下にロープをかけておこなっています。

    サイゼリアの看板の中には、この本数の蛍光灯が入っています。

    風の強い日や雨の日には、絶対に出来ない作業ですね、

    定期的にこの様に取り替える事で、いつも明るい看板を維持できるんですね。
    サイゼリアの料理を待ってる間に10か所の間違え探しのクイズがあります、
    思ったより難しい面白いので、是非 挑戦してみてください。

     

     

  • 5月21日に行う春木旭町の入魂式 お披露目曳行に向けての駒を今乾かせています。

    大下工務店さんが仕入れてくれた駒から厳選した駒を選び入魂にむけて一番ベストんば状態にしています。

    後梃子 前梃子のそれぞれの担当者が、毎日駒を出したりなおしたりを繰り返して乾かしてくれています。

    今回から駒もまるドビに変更して、だんじりの足回りも新調しています。

    真ん中にはスポンジを入れて、極度に乾いてしまう事を防止しています。
    その上からラップをかけてこの様な状態で管理しています。

    駒が濡れているとやり回し時に重くなりきれにくくなります。乾きすぎると割れてしまう恐れも出ます。その絶妙の渇き具合が重要なのです。

    これもみんなが自町の入魂式やお披露目曳行を成功さすために最大限努力してくれているのです。

  • かねてより岸和田警察署に曳行責任者として、春木旭町入魂式とお披露目曳行の道路許可申請書を提出させていただいていましたが、この5月2日に正式に道路許可がおりましたので、案内させていただきます。

    春木旭町のだんじりの入魂式とお披露目曳行の曳行コースと時間

    両方とも資料の上でクリックしてください画面が鮮明にでます。

    春木旭町のだんじりの入魂式とお披露目曳行の曳行コースと時間

    この曳行コースにつきましては、旭町としまして9月祭礼時春木地区で一緒に曳行している各町にご挨拶する意味をもっています。また旭町の春木駅踏切の通過条件を考慮した上で、警察関係者様と折衝し最善のコースをとらせていただきました。

    どうか入魂式 お披露目曳行当日 たくさんの方が見に来ていただけると有難いです。曳き手たちに温かいご声援いただきますようお願い申しあげます。

     

標準 特大